• 北大宮駅徒歩7分駐車場有
  • 仕事帰り出張対応可
  • 初回無料相談

受付事前ご予約平日9:00~18:00(予約電話)

ご予約は
こちら
みらい  そうぞく

0120-361-339

公正証書遺言

公正証書遺言とは

公証人が遺言者の口述から遺言書を作成し、その原本を公証人が保管する遺言であるため安全で確実な遺言書です。
口述の際には、2名以上の証人立会いが必要です。

公証人が作成した遺言書に、遺言者、証人、公証人が署名押印すると公正証書として認められます。

公正証書遺言の作成手順

1.誰に、どの財産を、どれだけ相続させるのか予め決めておきましょう 。

2.証人を2人以上決めましょう。

※推定相続人、未成年者、公証人の配偶者・四親等以内の親族、書記 及び 使用人等は証人の資格がありません。

3.公証人と日時を決めましょう。

公証役場に依頼し、出向くことができない場合は、公証人に出張してもらうことも可能です。

4.必要な書類を集めます。

(1)遺言者の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内)、戸籍謄本(遺言者と相続人との続柄がわかるもの)

(2)住民票(相続人以外の人に遺贈する場合)、法人の登記簿謄本(会社等の法人に遺贈する場合)

(3)財産特定のための不動産の登記簿謄本、固定資産評価証明書

(4)預金通帳のコピー

(5)証人の住民票

などが必要です。

5.遺言の原案を作成しましょう。

作成された原本は、原則として20年間公証役場に保管されます。
20年間の期間が経過した後でも、特別の事由により保管の必要がある場合は、その事由がある間は原本は保管されます。
実務の対応としては、20年経過後も原本を保管しているのが通常です。
事前に公証役場に確認しておくのがよいでしょう。

公正証書遺言をお勧めする理由は、紛失、偽造を防止できることと、法的に間違いのないものが作成できることです。

又、公正証書遺言は、日本公証人連合会が運営する検索システムに登録され、全国どこの公証役場でも検索でき、遺言公正証書の有無は容易に確認できるようになっています。
遺言者の生前は、公正証書遺言の閲覧、謄本の請求は、遺言者本人以外はできません。

PAGETOP